簡易軌道のレイアウト


 架線のある電化ナローレイアウトの花巻風レイアウトを作成した。
出来はそれなりなのだが、カーブがR150で草軽デキが走行出来ないこと
などが問題となり、ほとんど使用しなくなっていた。
 そうこうしているうちに、本格的な電化ナローレイアウトに着工したため、
こちらのレイアウトは簡易軌道に転用することとなった。
まずは地面を小さい丘の部分を除いて更地にする。
画像下側の部分については、湿地と牧草地、その境に樹木を植えるように
するためベニヤ板をカットして発泡スチロール+ペーパータオルで地面を
作り直している。
牧草地と湿原の草の表現は、NOCHの草撒き装置を使った。
左側が牧草、右側が湿原である。
湿原部分は、この後も凹ましたり茶で部分着色して湿原らしくしている。
北海道の植生の違いを表現するため、樹木にもちょっと凝る。
いろいろと調べると
 ・トドマツは実はモミなので幹は灰色がかっている
 ・エゾマツは松なので細かく割れて黒っぽい
ということで、トドマツは茶+グレー、エゾマツは茶+グレー+黒にパウダーを
降ってひび割れを表現している。
試作の樹木。
左がトドマツ(枝が上向き)、右がカラマツ(枝が下向き)
枝というか葉っぱはヒムロ杉を使っているのだがどうも今一つで、
この後、NOCHの草を上方から撒いてさらに着色して使用することにした。
北海道の建物は本州のものとは違うので、市販品で使用出来るものがなく
M'sの建物キットの残った素材と、エコーモデルのレーザー抜きの窓枠と
戸を使って新規に作成した。
この後も独特なエントツやディテールを追加するので、屋根は着脱式にして
ある。
簡易軌道としてのおおよそのディテール工作を終わった姿。
一応ポイントを追加して待避線を設けている。
湿地方向から見たところ。
今回初めて草をNOCHの草撒きとスポンジを組み合わせてみたのだが、
「それなりに植生の違い」が表現出来て良いことが確認出来た。
レイアウト周辺部は結構ぶつけたり、モノを置いてしまうので、この方法が
良いだろう。
真横から見たところ。
このためにフィギュア類を買っておいて良かった。
なかなかいい感じの牧草地・・・って、柵がないとやはり変か?
事務所兼詰所がある側を見る。
とりあえず建物だけが出来ているのだが、これから少しずつアクセサリ類を
追加していこう。
初めて作った簡易軌道の建物・・・まあまあいい感じか?
後は簡易荷物積み込み場などを足せばいいか?
ここは「あえてそのまま残した」小さな丘の部分。
ただし、より草深い感じにしてある。



元のページに戻る