ターンテーブルの作成


子供の頃から「ターンテーブルのあるレイアウトを作ってみたい」と思っていた。
軽便祭りでターンテーブルを見て、「やはり非電化の軽便鉄道のレイアウトには
ターンテーブルが必要だ」という気になり、動力部から作り始めた。


大きさはダックス(サドルタンク)が載る大きさ、ということで直径90mmにする
ことにした(ダックステンダーも対象にすると大きすぎるので止めた)。
メカの取り付け部は100mmの四角にしてある。

減速はエンドウの16:2を2組、協育歯車のモジュール0.3の14:90にしてある。
モーターはIMONの小型タイプを使用。
90枚のギアには、ストッパ用のピンを打ってある。
ピンの穴(1.4φネジ)は、テンプレートを作ってドリルで穴を開けた。

マイクロスイッチを動作させるテコ?は色々とテストした結果、このような形になった。

調整にちょっと苦労したが、このようにストップがかかる。

作ってから気が付いたのだが「あまりメカが複雑な場合、レイアウトに固定
してから整備が面倒ではないか?」という疑問が湧いてきた。

ならば!ということで、簡単な構造のものを作ることにした。

秋葉原に行って、比較的廉価なギアヘッドモータを購入。
奥から、12V、3V、6Vの仕様である。
真ん中のモータは、猛烈に価格が安いので、これを使う。
そのまんまターン部を取り付けるため、ジョイント部分を作る。
そのまんま載せて動かしてみる。
やはり線路部がブレて実用になりそうもない。
もうちょっとマジメな作りにしないとダメだということを確認(2012.3.4)



元のページに戻る