ダージリン風レイアウト


以前から、杉山模型さんの車両を走らせて眺めるためのレイアウトが欲しかった。
しかし、そのような形にすればいいのか?が思いつかずに・・・・
はっきりとしたイメージが出来たのは、ダージリンタンクの登場のおかげである。


修羅のレイアウトでテスト走行をやっているうちに、ふとダージリンタンクを
置いてみたら「いけるかもしれない」とイメージが湧いた。
カーブはR120にすればいいか?
一度R120で単純にループ線を作ったところ、勾配が9%近くになってガーラットと
クライマックス(14t)が登れなかった。
改めてテストをした結果、6%なら大丈夫であることを確認した。
交差部分の高さを決める。
こうして並べてみると、40mm以上であることが判った(結局45mm)
S字カーブのクリアランスは、一番大柄なボディのホハ30で確認。
いつもの調子で勾配を付けつつ線路敷設をした結果はこんな感じである。
台枠のサイズは格納するケース(扇風機のダンボール箱)を使う関係で
600x380になっている。
バタシアループの地形ってどんな?
判らないままに発泡スチロールを貼って地形を作りながら確認する。
ループ線の奥側を岩肌にしたのは私の勝手なイメージ。
(後にここは少し高くなって樹木が数本・・のところであることが判明)
いつものように、ペーパータオルとテッシュペーパーを貼り、着色して、灰と砂と
土で地面を仕上げる。
さて、ここからが問題。
今回のダージリン風レイアウトでは「高原のイメージ」を表現する方法として、
草をスポンジではなく、NOCHの草撒き器のテストをすることが課題なのだ。
去年のOナローレイアウトのときに買い込んだNOCHの草素材。
1年在庫して、ようやく使うときが来た!
テスト地形を作って練習する。
まず短いもの(枯れ草色と緑色)を撒き、長めの草が欲しいところは
追加で撒いていく練習をする。
通電?するところには、長い針を刺して行うなどの工夫をする。
躊躇っていても進まないので、レイアウトに撒き始める。
一気に撒くのではなく、色調や草の多さの違いをつけて、区域を区切って
草撒きをしていく。
ほぼ全体に撒いたところ。
色調の違い(緑が濃い、やや枯れ草風)やら濃淡の付き具合が判る画像。
このレイアウトは、このくらいの表現で止めておいてもいいか?と思う。
橋の仕上げ、樹木を数本くらいでいこうと思っている。
まあ、こうやって杉山模型さんの機関車を置いてみたり、走らせてみたり・・・
そういう「ゆるいレイアウト」もなかなかいいと思う。



元のページに戻る