電化ナローレイアウト


元々の思いつきは「草軽風レイアウトを作る」であった。
その後、いろいろと試行錯誤をしていくうちに「どうせなら電化ナロー線が欲しい」
という気になった。
そのきっかけとなったのは「花巻風レイアウト」のカーブがR150にしたおかげで
草軽デキを走らせることが出来ないことが”後で判った”ということである。
反省のうえに、さらに長年の夢であった”パンタとポールの同時使用可能なポイント対応架線”
と「上方から差し込むだけで固定可能な架線柱」という、これだけでも大変なのに、
さらに「架線対応の新しいポール、パンタ、Zパンタ」という・・・なんとも欲張ったというか、
実現の難しいテーマも盛り込んで、電化ナロー線のレイアウト制作を開始することとなった。

このレール配置は、実は花巻風レイアウト(R150のカーブ)の配置に、交換線を
加え、カーブをR177にしたものである。
結果、台枠は615x473となった。
かなり考えたがなかなか良い案が出なかったのだが、いさみやの社長さん
から「これが使えないかな?」という話が出たのがこのプラのパイプである。
製品としては、コンクリートにアンカーを打つときに使う「エビプラグ(下穴径6mm用)
というものである。
これで上からギュっと差し込むだけで架線柱を固定出来るようになった。
それに合わせて、「架線柱が3φは太い」と思っていたものについても、2.5φの
パイプをいさみやの社長さんに廉価に製品化してもらうことが出来た。
考えてみると、架線についても篠原模型のナロー用のジョイントを使い、架線は
コシのある固い真鍮帯板(0.8x0.4)を製品化してもらうなど、いさみやの社長さんの
恩恵で私の路面電車/電化地鉄線は架線対応が出来ていることは、ただただ
感謝である。
カワイモデルがビューゲルもポールも止めてしまったので、さてはてどうしたものか?
と思っていたのだが、なんとか変わりとなる製品を見つけ、架線対応を行った。
(ビューゲルも作ったはずなのが発見出来ず)
左:YAMA模型のポールを取付部を1.4φネジとし、ポール先端部を深く掘り込んである
真ん中:アルモデルの路面電車用?のパンタのシュー部分を銅の丸棒を半円にし
     たものを先端をつぶして付けてある(テスト用なので幅が広い)
     パンタグラフは架線の継ぎ目に引っかかることがあり困っていたのだが、
     結局「スケールうんぬんより実用性」と割り切った構造である。
右:YAMA模型のZパンタのシュー部分をパイプに交換して長めにしたもの
架線といえば固定レイアウト・・ではどうにも不便であると思っていた。
それを解決するため、TOMIXの路面電車用(R177)を使用した組みレールの
架線システムを作成した。
エンドレス+直線を組めるようにしてある。
システムは、16番用(架線高65mm)とナロー用(架線高55mm)である。
ポイント部の架線分岐部分。
この位置関係が重要で、微調整をしないとポールが外れてしまうのだが
帯板構造の架線は調整がやりやすい(ギュッと曲げるだけ)
架線分岐部を拡大したところ。
この部分は片流れになっているが、あとで色々と試行錯誤した結果はY型でも
大丈夫で、Y型にすれば「左右共用部品」に出来ることが判った。
このレイアウトは、元々は花巻電鉄をイメージして作成したので軌道イメージに
なっている。
交換線の部分は大沢温泉をイメージしている。
このレイアウトは、”サウンドDCC化した車両を使う”ことを前提としているので
走行音を静かにするため、台枠天板を厚さ13mmの桐集成材を使用している。
結果としては、車両が走行して天板が振動して出る騒音は減少させることは
出来たのだが、当たり前のことではあるのだが起伏がないレイアウトの割には
ズッシリと重いものとなってしまった。
静音化の難しさをしみじみと感じ、遠い目・・となったものの、結果的には、ゴム板や
防音材の研究を開始するきっかけとなった。
私は以前から「コルク板に消音効果はない」と思っていた。
消音材を検討する過程で、塩ビ板(t0.5)、コルク板、ゴム板と試した結果
やはりその通りであった。
で、大量のゴム板を購入し、運転スペースで使用したところ、今までのように
高架にしなくても済んだのであるが・・ゴム板は”ゴム臭がすごい”のである。
あれこれと試行錯誤したが、どうにも匂いは減少しない。
「これなら建築用の遮音シートが良いのでは?」と思ったいたところ、ありがたい
ことにある方から「これ使ってみれば」と丁度良いサイズのものを
譲って頂いた。
結果は良好で、2枚重ねにすると下の板がt2.3の航空ベニヤ板でもかなり静音化
する効果(大型かつ重量のある機関車でも)があることが判った。

ところで、同じ走行音でも車輪から出るシャ~っという音だけは”車輪そのものから
出ている”ので消すことが難しい。
サウンド対応と静音化はまだまだ課題が多いテーマだ。
私のレイアウトは小さいので「ストラクチャは自作でないと」と思っていたのだが、
今回から市販品を改造して使うことにした。
当初の「花巻風」から、急遽「電化軽便風」にしたため、反対側は田園風景にする
ことにした。
田んぼの表現は昔から悩んでいたのだが「無いよりはマシ」という割り切りで
人口芝をリキテックスでそれっぽく塗って・・みたら、案外良い感じになった。
まさに「案ずるより産むがやすし」であることを実感した。



元のページに戻る