長尾軌道新線2


電化ナロー線で「一応路面電車」のレイアウトを作成はしているものの、16番の路面電車の
レイアウトは10年以上作成していなかった。
このままではいけない! ということで、2017年は路面電車のレイアウトに取り組む年となった。

何から用意するか?ということで、まずは路面電車用の急カーブポイントを作成し、
それを使用して交換線を作成した。
線路プランは、結局「交換線を入れる最小限の大きさ」ということで、単純な小判型の
線路配置から始める。
台枠はナロー用レイアウトの試験台枠を改造して460x910、角を80mmカットして
部屋から出すときにぶつからないようにするなどの配慮をしている。
エンドレスが出来て運転テストを行う。
交換線の大きさを「必要最小限」にしたのでちょっと心配であったが、なるほどこれでは
「単車用」としてしか使えない。
このまま進めるか?と悩んだ結果、「小さく作るとボギー車が使えないという中途半端」に
なってしまうので、長さを変更出来るように改造する。
交換線のポイントを上から見たところ。
複線間隔50mmにするためカーブ部はR177と急である。
先端レールがターンアウト側になったときに、直線部のレールが実物と同じように
ガイドレールを兼ねる構造になっている。
走行テストをしていると、単車は平気なのだが、ボギー車がターンアウト側から本線に
復帰しようとすると盛大にショートする。
なぜ?と原因分析をすると「実物を真似たこと」に起因していることが判った。
このポイントは切り替えで電気がOffとなる「選択式」である。
そのため、先端レールは互いに同じ板に止められている。

ターンアウト側から本線に車両が復帰する際には、台車は外側にふくらみつつ走行してきて
「先端レール兼ガイドレール」に接触することになる。
実物ではそれでOKなのだが、模型の場合は線路同士は「絶縁」なので、フランジとタイヤ部が
導通させてしまうことでショートすることになる。
う~む、いい考えだと思ったのだが、盲点であった。
対策は地味な方法で、直線走行時には関係ない側の線路を削り、そこに絶縁材を接着した。
こういうことは、実際に試行錯誤しないと出て来ないアイデアではある。
交換線部を100mm延長。
結果として、910mmの台枠をフルに使う線路配置となった。
当面はこの配置を基本形としてあれこれと試行していく。
100mm延長することで大型の路面電車が使用可能となった。
台枠を横から見たところ。
交換線の反対側をどう生かすか? が課題。



元のページに戻る