長尾軌道 新線(仮称)


このレイアウトは、2002年のTMSのレイアウトコンペに出したものです。
一応、準佳作になったものの、応募してから1年以上経過したので、そろ
そろHPで公開してもいいか?という気になりましたので、UPします。

このレイアウト、実はまったく新規に作成したものか?と言われると、実は
ちょっと事情があります。
このレイアウトの前作の寺町線は、県道線とほとんど同じ大きさの中に、
ポイント多数、トラバーサあり、完全デジタルコントロールという欲張ったと
いうか「これぞデジタルコントロール!」というイメージで作成したものでし
たが、実際に使ってみると、妙に中がゴチャゴチャしていて「運転していて
ちょっと疲れるかも」と感じたのでした。
その経験を生かして、片側の複線部分を無くし、トラバーサをまっすぐに
入れるようにしたものが、この新線の線路配置です。
サイズは590mm×415mm。

他にも、このレイアウトでは「前作を生かしたもの」があります。
この建物に見覚えがある?という人がいるかもしれません。
これ、実は長尾軌道県道線にあった「商人宿」です。
大改装して、木造アパートになりました。
その向こう側にある商店街3軒は、寺町線のものを改造して使用しています。

ちなみに、トラバーサも寺町線のものを大改造して使用しています。

あれ?手前の家も寺町線のものですね(笑い)
さすがに、奥の電鉄事務所と車庫は新作です。
まあ、「旧レイアウトからの流用」とはいっても、かなり手を入れて使っていま
すから、「物を大事にする精神」といったところでしょうか?

このレイアウト、「流用ばっかじゃん」と言われてしまいそうですが、実は長尾
軌道3作の集大成というか、「路面電車のレイアウトの実験のまとめ」の
意味を持っています。
「レイアウトに完成なし」の名言がありますが、このレイアウトについても、
少し改良を行いたいと思っています。

 トラバーサの改良

元の画面に戻る