ギアードロコのページ


ギアードロコの感動は、TMSの299号のWEST SIDE LUMBER Co.の
記事を見た経験から始まった。
ギアードロコという日本ではあまり馴染みのないアイテムではあるが、その独特な
機構と、模型としての作りの良さに魅力を感じたが、当時は高価な品で、とても
少年には手が届かないアイテムであった。
その後、'90年代にUnited合同のハイスラー(メーカ塗装済の珍品)を入手。
以後、少しずつ数を増やしながら、モーター交換などの整備を行いつつ、
その独特な姿と”往年の日本製模型の作り”を堪能している。
模型的ギアードロコの分類
 シェイ(Lima) 
 ハイスラー
 クライマックス 
 ウィラメット 
 Dunkrik 
 その他

製作記や活動内容
 クライマックス・ハイスラーのモータ交換
 シェイへのサウンドデコーダ搭載 
 ハイスラーへのサウンドデコーダ搭載 
 小型シェイのモータ交換
 IMONの小型モータに交換 
 鉄道模型社の阿里山のシェイ 
 乗工社のシェイ 【新規20150224】
 トーマモデルワークスのシェイ 【新規20150709】

レイアウト関係
ギアードロコ用の小型レイアウト
ギアードロコ用のスイッチバックレイアウト(DCC版)
ギアードロコ用のスイッチバックレイアウト(アナログ版再び) 

表紙に戻る